仙台の離婚の弁護士

離婚問題で弁護士に相談したいと仮定し、仙台の弁護士を調べてみました。

まず、離婚に関する弁護士費用が明記されていた法律事務所をピックアップしました。
弁護士費用は重要な要素となりますので、離婚に関する弁護士費用が明記されていない法律事務所は、対象外としました。
そうして離婚関連の弁護士費用が明記されていた弁護士のホームページを利用者の視点で調査しました。

離婚交渉・離婚調停で40~60万円、離婚裁判で60万円

離婚に関する仙台の弁護士の弁護士費用は、
離婚交渉、離婚調停の場合、着手金20~30万円、離婚成立の場合、報酬金20~30万円の合計40~60万円くらいになります。

離婚訴訟つまり離婚裁判の場合は、着手金30万円、離婚が成立した場合、報酬金30万円の合計60万円となります。

財産分与や慰謝料があった場合は、上記金額に弁護士費用がプラスされますが、離婚本体の弁護士費用は、おおよそ上記の金額といえそうです。

離婚に関する情報

次に、上記12の弁護士のうち、離婚に関してある程度情報量がある法律事務所をピックアップしてみました。
さらに弁護士紹介のページで弁護士の顔写真や略歴が掲載されている法律事務所をピックアップしました。
こうして6つの法律事務所が残りました。

法律相談は初回30分無料が1社、30分3000円が1社、それ以外は30分5000円でした。
仙台市内の弁護士の法律相談の相場が、30分5,000円ですから、離婚の場合も30分5000円がほぼ相場となります。
それよりも慰謝料や財産分与があるときの弁護士費用に大きな違いがあることに気づきました。

慰謝料を請求する場合の違い

離婚で慰謝料など請求する場合の弁護士費用に違いがありました。

A法律事務所は、慰謝料などの経済的利益の金額をベースに着手金・報酬金が民事と同様の率で加算されるのに対し、 B法律事務所は、慰謝料など経済的利益があるときは着手金は固定で10万円アップで、 報酬金は民事と同様の率で加算される、というものでした。
つまり離婚は離婚で受任し、離婚に付随する慰謝料・財産分与の請求は別に民事事件の弁護士費用をベースに加算する、 というものです。

上記2法律事務所の離婚に関する弁護士費用を具体的に
「300万円の慰謝料を受け取ったと仮定し、離婚調停で離婚したケース」で比較すると下記の様になります。
A法律事務所:離婚調停の着手金30万円、報酬金30万円、慰謝料加算の着手金24万円、報酬金50万円の合計134万円
B法律事務所:離婚調停の着手金20万円、報酬金20万円、慰謝料加算の着手金10万円、報酬金30万円の合計80万円
結果としてB法律事務所の方が弁護士費用が54万円安くなります。

Bの法律事務所を擁護するわけではないですが、 以前の弁護士会の弁護士費用を計算する報酬規程ではBの法律事務所の計算が一般的でした。 ですからBの法律事務所が高いというわけではありません。
しかしこのように離婚の弁護士費用は複雑ですので、よく検討して各弁護士に相談してください。

※金額は消費税抜きです。
※2013年12月07日修正

養育費に注意

離婚の弁護士費用で慰謝料や財産分与があるときの弁護士費用の加算の計算方法は、先ほど説明しました。

その中で、養育費は加算対象としない法律事務所がありますので、注意してください。
養育費は離婚後月々支払われるお金ですから、そこから弁護士費用が差し引かれるのは少しつらいです。
養育費が弁護士費用の加算対象となるかどうかも弁護士に確認してください。

あまり弁護士費用だけにこだわるのもよくないですが、離婚後はなにかとお金が必要となります。 離婚の弁護士費用はできるだけ抑えたいものです。分相応の弁護士に依頼し、 あまり高額な弁護士には依頼しない方がよいかと思います。

仙台の離婚を扱う法律事務所

調査した仙台弁護士会所属の法律事務所の中で弁護士費用が明記され、わかりやすい法律事務所を数社ピックアップしました。
仙台の離婚の弁護士を探す際の参考になれば幸いです。

伊藤恒幸法律事務所(仙台市青葉区)
仙台中央法律事務所(仙台市青葉区)
いのくち法律事務所(仙台市青葉区)
官澤綜合法律事務所(仙台市青葉区)
ひろむ法律事務所(仙台市青葉区)

このページの先頭へ